医学研究科 公衆衛生学専攻(修士課程)

博士課程 修士課程
パンフレットを見る

研究科長ご挨拶

国際医療福祉大学大学院は、保健医療福祉の分野において指導的役割を果たすことができる高度医療専門職の育成を目的として、1999年に開設されました。このたび大学院に、医学部と連携し保健医療福祉の向上に貢献する有能な人材を育てるために、2018年4月に医学研究科を新設いたしました。 医学専攻(博士課程)と公衆衛生学専攻(修士課程)を擁し、国際的な医療交流拠点として機能できるよう、教育・研究環境を一層充実させる所存です。
本大学院では、深い学識と学術の理論と応用を極めるとともに、仕事を持つ社会人にも良好な研究環境を提供できるよう、利便性とICTを活用した教育 内容に特長があります。大きく変貌を遂げる日本の未来を担うべく、ゲノムやがん医療、国際感染症、遠隔画像診断、医学教育学、医療福祉管理学や国際保健学など、さらなる発展が期待されている分野に力を注ぎ、絶えずイノベーションを実現できるよう総合的大学院教育や研究を推進していきたいと考えております。
皆様のご入学を心より期待申し上げます。

大学院長・医学研究科長
三浦 総一郎

慶應義塾大学医学部卒業、医学博士。
前防衛医科大学校長。防衛医科大学校名誉 教授、慶應義塾大学客員教授。2017年6月より本学大学院長

専攻長ご挨拶

社会人の方が働きながら学べるカリキュラム構成です。1年次前期では、基本5科目を体系的に学び、その後、各領域に分かれて専門的な教育・指導を受けます。東京赤坂キャンパスには、医療経済研究や臨床疫学研究、医療ビッグデータの解析など幅広い専門性を持つ教授陣がそろっています。成田キャンパスでは、国際保健に関する諸外国との共同研究や、感染症国際研究センターとの連携による感染症研究も可能です。時代と社会のニーズに対応した新しい大学院で、一緒に学びましょう。

公衆衛生学専攻主任
池田 俊也

慶應義塾大学医学部卒業。医学博士。
ハーバード大学公衆衛生大学院修了。
元ペンシルベニア大学訪問研究員。
前慶應義塾大学医学部専任講師。

定員・修業年限・取得学位

入学定員: 10名
修業年限: 公衆衛生学専攻(修士課程/2年間)
取得学位: 修士(公衆衛生学) (Master of Public Health)

カリキュラムと特長

3つの主要分野


  1. 国際医療学分野
    • 【国際保健領域】=医療現場などでの課題解決提案や、国際的な政策提言ができる人材を育成します。
    • 【感染症領域】=専門家として医療現場で活躍できると同時に、サーベイランスなど感染症発症動向に携わる人材を育成します。
  2. 医療福祉管理学分野
    • 【医療福祉政策学領域】=医療・福祉政策に幅広い知見を持ち、政策の現状と課題を理解しながら解決策を打ち出せる人材を育成します。
    • 【医療福祉経営学領域】=医療・福祉施設の経営に豊富な知識・経験を持つ専門家を育て、総合的・科学的な経営をめざします。
  3. 疫学・社会医学分野
    • 【疫学・生物統計学領域】=臨床試験に不可欠な統計学、医学研究のデザイン等に役立つ疫学、薬剤疫学など、医療全般でのデータ解析・評価ができる専門家を養成します。
    • 【社会医学領域】=母子保健、老人保健、産業衛生など医学・公衆衛生上の諸問題に適切に対処し、課題を解決できる人材を育成します。

お問い合わせ・連絡先
国際医療福祉大学大学院 東京赤坂キャンパス事務局
〒107-0052 東京都港区赤坂4-1-26
TEL.03-5574-3900(代表) FAX.03-5574-3901
E-mail: tokyo@iuhw.ac.jp
(メールを送る場合は、このアドレスを半角文字で入力しなおしてください。 )
「大学院医学研究科について」とお問い合わせください。